記事一覧

『物は考えよう』

ファイル 916-1.jpg

 先日、弊社の取引先である某金融機関に行き、
支店長と打ち合わせを済ませて駐車場に戻り、
ここは、30分は無料だと思ったら15分でした。
三郷駅の近くであっても、商いをするには駐車場は必須で、
年々、駅周辺にコインパーキングが増えてきました。
 弊社も、これまでは月極駐車場を提案してきました。
しかし、駅周辺では月極ではなくて短時間とか短期間とか
一時利用のニーズが多いいことに気付きました。
また、駅周辺の貴重な駐車スペースを有効に活用するという
観点から考えてみても、コインパーキングの方が効率が良く
社会的貢献度も高まります。
月極駐車場を借りて特定の場所をお客様の為に用意するよりも、
必要な時に必要なだけ利用する方が、
駐車スペースを有効活用でき、
ユーザーにもオーナーにもメリットがあります。
 さて、今日こんなことがありました。
弊社のお客様専用駐車場に黒色の外車が停まり、
若い衆3人が車から降りて来て、
弊社とは違う方向に歩いて行くのです・・・。
コンビニにでも行った後に、
弊社に立ち寄るのかなと思っていました。
15分後、弊社には立ち寄らずに黒い外車『名古屋?5000』は
名古屋方面に立ち去りました。
普通に考えると非常識な輩と思われ腹が立ちます。
しかし、駐車場の有効利用という観点に心を置くと、
大人が幼児の非常識を許せるように全く腹が立ちません。
『物は考えよう』ですね。

熊蝉

ファイル 915-1.jpg

毎朝、夜が白む頃どこからともなく小鳥が囀り始めます。
犬と朝の散歩に出掛ける頃には、熊蝉が今を盛りと鳴いています。
これは、花にたとえると満開の状態であると思いました。
春に花が咲き受粉し、花びらが散り、種が地に落ち、
また、春になると色々な種類の花が順次咲いて我々の目を楽しませてくらます。
それと同じように、今を盛りに熊蝉が鳴いています。
お盆が過ぎるとツクツク法師が鳴き始め夏の終わりを知らせてくれることでしょう。
この世は上手く出来ているとつくづく思います。

リノベーションオフィス

ファイル 914-1.jpgファイル 914-2.jpg

先週は、株式会社LIFULL(ライフル)の本社社屋視察に行きました。
不動産情報ポータルサイトHOME'S(現・LIFULL HOME'S)を運営している会社です。
一棟まるごと、リノベーションしたオフィスの視察です。
・ウチとソトとが繋がるオフィス。
・社内のコミュニケーションを加速させる「フリーアドレス」
・チームではなく個人での思索をサポートする「集中ブース」
今まで持っていたオフィスの既成概念を脱皮することが出来ました。
また、今日は名古屋駅にできた『JPタワー名古屋』を見学してきました。
文房具店の紹介で、『JPタワー名古屋』にある事務機器メーカーの事務所を見学してきました。
これも先週視察したオフィスのコンパクト版といったところでしょうか。
これも新社屋建築の基本構想の参考になりそうです。
3年後に向けて進みます。

集中豪雨

ファイル 913-1.jpg

今朝の愛知用水を見て驚きました。
毎日の様に目にする愛知用水の変化で、
木曽川上流の状況が手に取るように分かります。
今朝は茶色に濁っています。
こちらではそれほど酷い雨は降りませんでしたが、
犬山、八百津、恵那、中津川、木曽福島の何処かで
集中豪雨があったものと思われます。
今年は局地的豪雨に注意する必要があるようです。

介護と不動産

ファイル 912-1.jpgファイル 912-2.jpg

 先日、事業用定期借地の公正証書作成で契約期間30年という文言に目が止まりました。
契約満了時、自分は97歳?
今までは契約満了時の自分の年齢は全く気にならなかったけど、
今回は平均寿命を上回っているので気になりました。
それだけ歳を取ったことになります。
それだからでしょうか、最近お客様との会話に介護の問題が良く出てきます。
今までお元気だったご夫婦が介護施設に入所されたり、
認知症になる前に贈与、相続、資産の活用、資産の処分を含めて、
今後の老後生活『終活』に関する相談が増えてきました。
これまでの我々不動産業者の仕事は、単純な売買や賃貸の仲介と管理業務がメインでした。
これからは、お客様の『終活』のコンサルティングがメインの業務になるような予感がします。
そんな新たなニーズにお応えできるシステム作りが弊社に課せられた新たな課題かも知れません。

ERA全国大会

ファイル 911-1.jpgファイル 911-2.jpg

毎年7月にERA全国大会が開催されます。
今年は、名古屋での開催で我々東海地区の加盟店が主体となって企画運営しました。
参加者が当初予定し数を大幅に超えるというハプニングもありましたが、稔り多き全国大会でした。
「学びを通じて絆を深める」をスローガンに掲げて、
各分科会に分かれての学びの場でもありました。
大会二日目の分科会で、《ピーター・ドラッカーのマーケティング思考》を学びました。
これまで経営について学んできたことの集大成で、『理念経営』について再確認でき自信を深めました。

【メモ】
戦争は経済が破綻すると起こる。
顧客への価値に目を向ける。セールスで無くマーケティングである。
自社目線を全くゼロにして顧客目線で考える。
全てのサービスはお客様目線から考えること。
顧客目線で考えて、顧客を完全に理解できたらセールス不要。
(例)アップル社 DMは?
アップル社は何故勝てるか?セブン&アイが何故売れるか?
マーケティングに尽きる。顧客と一体化せよ。

何時まで働くか

ファイル 910-1.jpg

あるスーパー銭湯で86歳の方と話す機会がありました。
全くの年金生活者だと思っていたら、まだ仕事をして見えるとの事。
息子さんと、お孫さんと一緒に現役で働いているとのことでした。
屋号を聞いて後でネットで調べてみたら、その分野では地元では一番店と思われます。
これからまだ10年は働くと言ってみえました。
自分は、来年社長交代する予定だけど、
どの程度業務を減らそうか思案中でした。
そんな時に、この様なお元気な方と会ったと言う事は何かの巡り合わせかも知れません。
「もっと考えてみろ!」ということかも知れません。
社長交代したら、一切口出ししない事にしているし・・・。
他の分野で自分の天性を活かして・・・。
過去に決めた通り実行するだけで無く、
色々と思考すると、もっと良きアイディアが生まれるかもしれません。
そのチャンスを、この人生の先輩から頂いたのかも知れません。

石鎚神社(奥宮 頂上社)

ファイル 909-1.jpgファイル 909-2.jpg

夜行バスで名古屋から松山まで移動します。
昔と違って夜行バスも価格競争の時代です。
松山駅からレンタカーで石鎚スカイラインを経て土小屋経由で山頂を目指しました。
例年は6月30日に登り7月1日に下山します。
7月1日は、女人禁制なので頂上山荘は男性のみで、寝る場所にも余裕がありました。
しかし、今回は7月3日なので頂上山荘は満員です。
登山家には常識かも知れませんが、大部屋で男女区別なしの雑魚寝です。
寝床は昔乗った夜行列車のB寝台よりも狭いです。
また、男性よりも女性が多いのにも驚きました。
山頂に着くと頂上山荘に荷物を下ろして、奥宮 頂上社でご祈祷をお願いしました。
毎回登る時には鎖を使って登りますが、
今回は鎖を使わずに一般の登山道を登ってみました。
また、これまでは天狗岳までしか行った事がありませんでしたが、
今回はその先の『南尖峰』まで行ってきました。
この度の石鎚神社頂上社参拝は、登りは一回だけ休憩をし、
下りは台風の影響を心配して一気に駐車場まで降りてきました。
そのお陰で、鉄道が遅れることなく予定通りに帰ってくる事ができました。

愛知用水

ファイル 908-1.jpg

毎朝、雨が降らない限り犬の散歩コースとして愛知用水周辺を歩いています。
最近は愛知用水の流れが穏やかで流れる音が全くしませんでした。
少し水量が減ってきように思えるのは、田圃への利用も減ったからかな?
と素人ながら考えていました。
それが、今朝は何時もと違って、何処か観光名所の旅館に泊まって川のせせらぎの音を聞いている様な感じです。
それほど沢山の水が今朝の愛知用水には流れているのです。
昨晩、美濃加茂方面で多量の雨が降ったからその調整の為に放流しているものと思われます。
日によっては、魚が跳ねている時もあります。
また、軽鴨の番いが愛知用水に飛来する時もあります。
日々変化する愛知用水です。

朝顔が咲いた

ファイル 907-1.jpg

今朝、出勤時に玄関前に小さな朝顔が咲いているのに気付きました。
気付いても気付かなくても、時季になったら花は咲き。
気付いても気付かなくても、時がくると小鳥は囀る。
気付いても気付かなくても、季節は移り変わる。
森羅万象、時々剋々変わり続けている。
要は我々が気付くか気付かないかの違いでしかない。
我々人間が見ている積もりの世界は狭いもんですね~。

ページ移動